たがわ塾を立ち上げた理由

国公立大は5教科7科目受験。
一部の生徒しかなかなか目指せません。
なおかつ合格するには全科目を考慮した戦略が必須です。
そういった戦略が練れる人はそうはいないのです。
世の中に国公立大専門に指導できる塾はそうありません。
そこで、全世代&全科目指導ができる私の出番です。
国公立大を目指したい生徒が絶大に頼れる専門塾、
たがわ塾を立ち上げることにしました。

国公立大学は5教科7科目受験で合格するには大変です。
それでも国公立大学でしか学べないこと、
国公立大学だから実現できることがたくさんあり、
国公立大学を目指す生徒の力になりたいと強く思っています。

1.就職や印象が違う
学歴がなぜ就職に有利なのか、それは努力を数値化したようなものだからです。
5教科7科目受験で合格した→膨大な努力ができる優秀な人材認定です。
国公立大卒は一種のブランドです。
ちなみに、地方ではその県にある国公立大の卒業生がその県の就職に有利なようです。

2.学費が天と地の差がある
4年間の学費の差が年々大きくなってきています。
国公立大は240万円。
私立大学は文系390万円~理系520万円。
一方、家庭が用意できる教育費は年々下がって、
奨学金を借りて大学へ進学する生徒が増えています。
国公立大なら自分で借りても返すのがかなり楽です。

3.国公立大でしか学べない学部学科がある
私大は塾と同じく人気商売です。
高校生に人気のある学部学科は作りますが、
人気のない学部学科は経営上やっぱり作れません。

また、完全に個人的なことですが、私は
生徒たちの分かったときの嬉しそうな顔、
夢が実現したときの嬉しそうな顔を見るのが好きです。
生徒一人一人が行きたい道を進めるように
生徒と二人三脚で目標に向かって努めている時間が好きです。

そういった居場所を自らの手で作りたかったというのも
たがわ塾を立ち上げた理由としてとても大きいですね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする